処遇改善の取り組み


社会福祉法人日本厚生学園では、法人職員の処遇改善のため、「福祉・介護職員処遇改善加算」、「福祉・介護職員特定処遇改善加算」を算定しています。 以下の基準により、それぞれ「処遇改善手当」、「処遇特別手当」として、毎月支給しています。

【処遇改善手当】
番号 対象職員 支給金額
フルタイム勤務で、障がい福祉に直接従事している者 13,000円
パートタイム勤務で、障がい福祉に直接従事している者 時間あたり76円
※「処遇改善手当」の賃金改善の実施期間は、令和1年4月から令和2年3月までです。
令和2年4月以降も、引き続き賃金改善を実施する予定です。

【処遇特別手当】
番号 対象職員 支給金額
当法人における勤続年数が5年以上かつ正規職員で、サービス管理責任者または児童発達支援管理責任者に従事している者 38,000円
当法人における勤続年数が5年以上かつ正規職員で、障がい福祉に直接従事している者 19,000円
当法人における勤続年数が5年以上かつ正規職員で、1・2以外の者 18,000円
※「処遇特別手当」の賃金改善の実施期間は、令和1年10月から令和2年3月までです。
令和2年4月以降も、引き続き賃金改善を実施する予定です。