ともだちのいえ > 事業概要

相談支援事業


平成24年4月の障害者自立支援法(障害者総合支援法)及び児童福祉法の改正により、障害福祉サービス・障害児通所支援を利用するすべての障害のある方(児童)について、サービス等利用計画または障害児支援利用計画を作成することとなりました。

指定障害児相談支援事業所「ともだちのいえ」は、ご本人の発達と家族を含めたトータル的な支援を考えて、サービス等利用計画を作成していきます。

ともだちのいえ



Q1.サービス等利用計画(障害児支援利用計画)とは?
障害のある方の思いや希望、置かれている状況を勘案して、その方にとって最適な障害福祉サービス等(または児童通所支援)の組み合わせについて検討し、作成する計画です。

Q2.誰に作成してもらえばいいの?
サービス等利用計画や障害児支援利用計画は、市の指定を受けた相談支援事業所の相談支援専門員が作成します。相談支援専門員とは、福祉サービスの経験があり、相談支援の専門研修を受けたスタッフです。

Q3.計画を作成するメリットって?
計画を作成するメリットは以下のとおりです。

@利用者の思いや希望をサービスに反映しやすくなります。
A支給決定の際に参考として用いる事ができます。
B支援者が個別支援計画を立てる時やサービスを提供する際、共通の目標を持つことができます。


サービス等利用計画作成の流れ


1.相談
福祉事務所から「サービス等利用計画案(障害児支援利用計画案)提出依頼書を受け取り、相談支援事業所にお持ちください。

2.契約
サービス等利用計画作成の契約を結びます。

3.計画案の作成
計画案の内容は、面談にて保護者・本人の意向を聴き取る中で、適切な支援方法等について話し合いをしながら決めていきます。面談は、原則として家庭訪問となりますので、ご自宅へ訪問させていただきます。

4.支給決定
作成された計画案を参考に、市の福祉課が障害福祉サービスの種類・支給量などを決定します。その際、受給者証が発行されます。

5.計画の作成
支給決定された障害福祉サービスの内容に沿って、計画案の修正が行われ、サービス等利用計画の最終案が作成されます。

6.モニタリング
あらかじめ設定されたモニタリングの時期に、相談支援事業所がサービスの利用状況を確認し、必要であれば、計画を見直します。

相談支援

月曜ひろば


「月曜ひろば」では、言葉や運動の発達の遅れが心配なお子さんや、落ち着きがなかったり、お友達と遊べないなどで心配なお子さんとお母さんに、さまざまな親子遊びを行います。

親子が一緒に楽しみながらからだを動かすことで、お子さんの心に安心感を育て、こころやからだの発育を助けます。

県から運営委託を受けていますので、参加費用はかかりません。
まずはお母さんが楽しむつもりで、気軽にご参加ください。

<連絡先>
TEL:0944-32-9728、または 080-5609-4950
月曜日〜金曜(土・日、祭日休み)、10時〜16時